美肌になるには?毛穴悩みの原因と対策方法をわかりやすく解説

毛穴ケアして美肌になるにはのアイキャッチ画像

毛穴レスの美肌になるには?

毛穴ケア方法を知りたい

毛穴の悩みタイプは一つではなく、タイプ(詰まり毛穴など)ごとに原因や対策方法は変わってきます。

タイプにあわせたケア方法を実践することで美肌に近づけるので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人
桜野すずめ

「きれいになりたい」に応える美容情報を発信中

  • 気になるコスメのレビュー
  • スキンケア方法について
  • コーヒーと美容の関係について

※保有資格:日本化粧品検定1級・2級/コーヒーソムリエ

目次

毛穴悩みの原因をタイプごとに紹介

毛穴悩みのタイプは、大きく分けて3つあります。

自分がどのタイプか知り、原因を確認しましょう。

タイプ①詰まり毛穴

皮脂や角質・汚れが毛穴をふさいでしまうことが、詰まり毛穴の原因です。

白いぶつぶつができるのが特徴ですが、空気に触れて皮脂が酸化すると、黒ずみ毛穴へと変化していきます。

詰まり毛穴の見分け方
  • 触るとざらざらしている
  • 白いぶつぶつがある(または黒ずみ)

タイプ②開き毛穴

開き毛穴の主な原因は、皮脂の過剰分泌

過剰な皮脂により皮脂腺の出口が広がり、毛穴の開きが目立ってしまっている状態です。

脂性肌の人に多いですが、ホルモンバランスや食生活の乱れで皮脂が過剰になり、肌質にかかわらず開き毛穴になる可能性があります。

開き毛穴の見分け方
  • 毛穴が丸く大きく開いている
  • 肌がベタつきやすい

タイプ③たるみ毛穴

コラーゲン繊維が弾力を失い、毛穴を支えられなくなることがたるみ毛穴の原因。

肌の弾力が失われる原因は、主に加齢や乾燥、紫外線です。

たるんだ毛穴同士がつながって、毛穴が大きく開いて見えてしまいます。

たるみ毛穴の見分け方
  • 毛穴が楕円形をしている
  • 頬の毛穴が目立つ

美肌になるための「毛穴ケア方法」をタイプ別に紹介

自分がどの毛穴タイプかわかったら、ケア方法を知って実践してみましょう。

「詰まり毛穴」におすすめのケア方法

詰まり毛穴におすすめのケア方法
  • おすすめスキンケア
    • 酵素洗顔
    • クレイパック
    • スクラブ剤
    • 拭き取り化粧水
    • 炭酸洗顔料
    • オイルマッサージ
  • 摂りたい栄養素
    • ビタミンA:ほうれん草/卵黄
    • ビタミンC:柑橘類/赤ピーマン
    • ビタミンE:アーモンド/卵
すずめ

詰まり毛穴は角栓ケアが美肌になるためのポイント。

汚れを除去する前に、蒸しタオルを顔にのせて毛穴を開いておくと、汚れが落ちやすくなっておすすめです。

酸化すると黒ずみがひどくなり毛穴が目立つ恐れがあるので、抗酸化作用のある食べ物を意識して摂りましょう。

「開き毛穴」におすすめのケア方法

開き毛穴におすすめのケア方法
  • おすすめのスキンケア
    • こまめに皮脂をティッシュオフ
    • 優しい洗顔
    • 収れん化粧水
    • 油分が少なく保湿力のある化粧品
      ビタミンC誘導体/ヒアルロン酸/セラミド
  • 摂りたい栄養素
    • ビタミンB2:レバー/うなぎ
    • ビタミンB6:レバー/にんにく
    • 食物繊維:豆類/ごぼう
すずめ

過剰分泌された皮脂のケアが、開き毛穴にとっては大切です。

ベタつくからといって保湿を怠ると、皮脂が多く出て開き毛穴がひどくなる可能性があるため、スキンケアは行うようにしましょう

また開き毛穴には、脂質の代謝をコントロールし皮脂の過剰分泌をおさえるビタミンB2・B6がおすすめです。

「たるみ毛穴」におすすめのケア方法

たるみ毛穴におすすめのケア方法
  • おすすめのスキンケア
    • ハリツヤを与える化粧品
      レチノール/ビタミンC誘導体/コエンザイムQ10/ペプチド
    • 高保湿アイテム
    • 表情筋トレーニング
  • 摂りたい栄養素
    • ビタミンC:柑橘類/赤ピーマン
    • ビタミンB1:肉類/魚類
    • タンパク質:ナッツ類/赤身肉
すずめ

たるみ毛穴には、肌の弾力をアップさせるケアがおすすめです。

コラーゲンの生成を助けるレチノールや、抗酸化作用のあるビタミンC誘導体など、ハリツヤを与えるケアが大切。

細胞の劣化につながる糖化をおさえるビタミンB1や、コラーゲン生成を促すビタミンCを含む食べ物を摂ることもポイントです。

美肌が遠ざかるNGな毛穴ケア方法

どの毛穴タイプにも通ずる、NGなケア方法を紹介します。

NG①毛穴汚れを無理に押し出す

肌にダメージが加わるので、毛穴汚れを無理に押し出すのは避けましょう。

毛穴がより目立ったり、雑菌が入り込んで肌荒れしたりする原因にもなります。

NG②洗いすぎ

洗いすぎはNG
  • 洗浄力が高い洗顔料やクレンジングを使う
  • ゴシゴシと力を入れて洗う
  • 1日に何度も洗う

洗いすぎると皮脂が除去されすぎて乾燥し、より皮脂量が増えてしまいます

詰まり毛穴や開き毛穴の原因になるので注意しましょう。

NG③毛穴パックを頻繁にする

毛穴パックを頻繁にすると刺激となるため、肌を守るために皮脂分泌が増えて毛穴が目立ちやすくなってしまいます

使用の目安は週1回です。
また、パック後は保湿を忘れずにしましょう。

スクラブ剤や酵素洗顔も同じく肌負担になりやすいので、使用頻度は下げることをおすすめします。

NG④保湿しない

ベタつきが気になっても、保湿しないのはNGです。

保湿しないと乾燥するので、ハリツヤが低下し毛穴が目立ちやすくなる恐れがあります。

また乾燥により皮脂量が増え、開き毛穴を引き起こす可能性もあるので注意しましょう。

【Q&A】美肌になるための毛穴ケアに関するよくある質問

毛穴ケアについての質問に答えていきます。

Q&A
  • 敏感肌におすすめの毛穴ケア方法は?
  • きれいな状態の毛穴を保つには?
  • 毛穴をカバーできるメイク方法は?
  • 保湿しすぎると毛穴が目立つのは本当?

Q:敏感肌におすすめの毛穴ケア方法は?

優しく洗顔し、保湿を心がけましょう。

肌負担になりやすい毛穴パックやスクラブ剤は避けたほうが良いです。

Q:きれいな状態の毛穴を保つには?

正しいスキンケアを習慣にすることが大切です。

Q:毛穴をカバーできるメイク方法は?

以下の手順で、毛穴をカバーできます。

  1. 毛穴補正下地を毛穴に円を描くように塗る
  2. 下地を顔全体になじませる
  3. ファンデーションやパウダーを重ねる

下地を顔全体に塗る前に、毛穴が気になる部分に薄く重ねるとよりカバー力が高まります。

Q:保湿しすぎると毛穴が目立つのは本当?

保湿のしすぎも毛穴が目立つ原因になります。

クリームなどの油分が肌に残り、毛穴に入る恐れがあるためです。

適度なスキンケアを心がけましょう。

【まとめ】美肌になるには毛穴タイプごとに適切なケアをしよう

毛穴タイプ別のケア
  • 詰まり毛穴
    角栓を取り除く
  • 開き毛穴
    過剰分泌された皮脂をケア
  • たるみ毛穴
    肌の弾力をアップさせる

どの毛穴タイプも、洗いすぎや保湿なしはNG。

優しくスキンケアを行い、豊富な栄養を摂取することが大切です。

毛穴の汚れに悩んでいる人は、ぜひケアを実践してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

きれいになるための情報を発信しています♪

【主な発信内容】
・気になるスキンケア用品やコスメのレビュー
・スキンケア方法について
・コーヒーと美容の関係について

【どんな肌?】
・年齢層:25~30歳
・肌質:乾燥肌、敏感肌

【保有資格】
・日本化粧品検定1級
・コーヒーソムリエ

コメント

コメントする

目次